スタジオアリスに行ってきた

子供が生まれれば誰もが突撃する「スタジオアリス」ですが、すごい高いですね。写真5枚をアルバムにするだけで4万円近くかかるんですね。更には、

  • (当たり前ですが)自前で写真はとってはいけない。ー動画はOK
  • (当たり前ですが)購入した写真に限り、1データ5000円でJPEG提供(解像度は2M)ー1年後はほぼ無料で提供

と、デジタル社会にとっては、なかなか厳しい縛りもあります。今回は、

  • なるべく安く上げる
  • 動画を有効活用する
  • 1年後を見据え、なるべくデータを購入する

との作戦をとって望みました。

まず、キーポイントは動画。動画といっても携帯電話で動画にして…というのもNGだという報告もありますため、デジタルビデオカメラを持ち込みます。最近のビデオカメラは動画を撮影しながら写真も撮れますが、これも細かく言うとNGですので、私の作戦としては、

  • 最高画質で撮影 → あとでキャプチャ

ですね。私が使ったビデオカメラはSONYのHDR-CX560Vですが、このビデオカメラ単体でキャプチャができるため、なかなか便利です。キャプチャ画質はL版に印刷する程度なら問題ありません。ただ、色味が若干おかしいので、レタッチソフトで補正するのがいいと思います。

安く上げて、かつ、データを将来なるべく多く貰いたい、という観点から行けば、いい写真を何点かアルバムにして、あとは適当に紙焼きしちゃえばいいのです。そこで、ハーフキャビネ判の購入をおすすめします。あちらのカタログには載っていないし、店員さんも説明しないのですが、「ハーフキャビネ判に紙焼き」といえばわかってくれます。ご一緒にフォトパネルも…と言われますがそれは無視です。ハーフキャビネ判は1500円。それでも若干高いですが…。

ハーフキャビネ判にする写真を選ぶポイントは「親戚に配りたいかどうか」です。といっても、親戚の枚数分購入するのではなく、1枚だけ購入します。これは、のちのち自分でスキャンして焼き増しして配るわけです。また、購入済みなので1年後にデータとしてもらえます。

もしデータ取得のみの目的であれば、ハーフキャビネ判よりももっと安い商品があります。プリクラ風のものやキーホルダーなんかが1000円以下で購入できますので、それでもデータは残ると思います。

撮影料は3150円。半額券がオークションや金券屋などに出回っているそうですので、そちらも探してみるといいかもしれません。

(上記につきましては自己判断でご実施願います。当方は責任を持ちません。)

まぁ、それにしても高いですね。衣装代、撮影料、子供あやし料が格安なのでそれ込みの値段、と考えれば納得がいきますが…。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です