目標/課題管理

今回は目標の管理について,ご紹介します.

私が使っている目標管理術.これは

  • 他人に締め切りを定めてもらう
  • 自分で優先順位を定める

の2つです.

研究活動,特に私のように一人で研究を行っている場合,ついついだらだらとしてしまいます.これを予防するためには

  • 学会や研究会での講演に頻繁に申し込む
  • 論文の投稿は,「○○小特集号」「Special Issue on〜」を狙う

を行うのが効果的です.これらは原稿の締め切りが決まっている(他人に決められている)ため,目標になるのです.また,「課程を修了する」という大前提がある訳ですから,修了要件に必要な「実績」を鑑みてこれらの優先順位を決定します.

  • 優先順位は自分で決める・・・自分で選択した責任を持つ.
  • 締め切りは他人が決める・・・間に合わなかったら恥ずかしい

このふたつの強制的な心理的「足かせ」により,目標を管理することができます.

この考え方は仕事にも応用できます.
 仕事が上司から依頼される
 締め切り日を聞く「いつまでやればいいですか?」
  if 明確な答えが無い 
    then 次に明確な指示があるまで仕事をしない
  else if  ずっと先 
    then 作業量を見積もり,後回し
  else if 具体的に指示「明日まで」
    then 作業量を見積もり,今始めるべきか,後回しできるか判断
  else if 直ちに,緊急性を要する
    then 直ちに始める
のように「他人に締め切りを決めてもらう」「自分で優先順位を決める」の2つの条件で自分の行動をプログラムできます.

注意は,これらの管理法は「あるプロジェクトの中のタスク管理」ということです.大きなプロジェクトの命題や目標を決めるのはまた別なプロセスになるでしょう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です